スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引越しと更新と

 そんな訳で事前の告知どおりに引越しいたしました。

 http://glassmoon.org/

 前よりシンプルなアドレスになりましたが、やってることは変わっておりません。今後ともよろしくお願いいたしますです。

 少し前までなんか死ぬほど忙しい毎日だったせいか、あんまり創作と言うことはしないで空いた時間ゲームとかに走ってしまっておりました。

【女神異聞録 デビルサバイバー】
devil_survivor_320x240.jpg

 友人から勧められたDSのSRPGですが、予想以上に楽しかったヽ(´ー`)ノ
 システムをシンプルにしつつ、シナリオの雰囲気は真1の崩壊前を踏襲しているのが非常に好み。封鎖された東京という限定された空間なのも良かったですね。
 キャラも皆高感度高かったですが、やはりユズ・アマネ様・ハルの三人官女(違)が一番好きかなあ。

 そんな訳で勢い任せでSSまで書いてしまうほど。楽しんでいただけたならば幸いです。


【ワルキューレ】
 りゅうたまがあんまりにもあんまりだったので、先日口直しに見てまいりました。
 タイトルだけ聞くと金髪おさげの戦乙女がサンドラと一緒にゾウナを倒しにいくゲームに思えますがもちろんそんなわけもなく。
 1944年のドイツで実際に行われた、最大最後のヒトラー暗殺計画を元に描かれた映画でございます。

 もちろんヒトラーは1945年にベルリンの防空壕でピストル自殺を遂げている以上この作戦は失敗するんですが、その過程を一人の人物に焦点を当てて描いたサスペンスに仕上げてあります。
 俯瞰で描いてないから計画の流れは分かりやすいんだけど、間違いなく動いていた筈のゲシュタポやSSの動きがほとんど描かれなかったのが残念かなぁ。後は最低限のナチス政権への知識がないと、ちょっと登場人物とか分かりづらいかも。

 がっちり重厚に描かれた隙のない作品を期待すると多分肩透かしなんですが、適度の緊張感を味わいつつドイツ軍まみれの画面を楽しむ分には十分以上です。トム・クルーズの軍人姿もそんなに違和感なかったしね。
 しかしこう、組織が巨大になればなるほど、一度切れた通信網の再構築ってのは大変ですわなぁ……
 通信将校があの時下した決断が「巣」側でなく「大佐」側への加担であったならば……そういったイフを色々考える事が出来る映画でありました。

 それにしてもその、なんだ。
 足元で爆弾爆発してもかすり傷で済んだ、総統閣下のLuk値あんまりにも高すぎる。
 そしてそれが史実だから困る。


■web拍手のお返事です

・貴方のために出来る事、読ませていただきました。 私的にかなり共感・・というか納得できるアフターでした。
 ああいったアフターを書くのは結構勇気のいる作業なんですが、そう言って頂けると書いた甲斐がありますね。
 本当に、ありがとうございます。

・「世界でいちばんNGな恋」のSS面白かったです。
 お読みくださり、本当にありがとうございます。
 実は普段あんまり18禁ゲームやらない人間なのですが、このゲームはとても楽しんだのですよ。
 作中の雰囲気をある程度でも再現できていたのなら良かったのですが。
スポンサーサイト

りゅうたま見てきたよ!

 鯖の関係で諸事情ありまして、ここ数日「硝子の月」に繋がらなかった様子です('A`)
 着てくださった方本当に申し訳ありませんでした。

 んで、これもいい機会だと現在引越しを検討しております。
 その際にはTOPにも告知いたしますので、来てくださった方を路頭に迷わせるようなことにはならない……と思います。ならないんじゃないかな!




 さて、昨日なんですがちょいと見てまいりましたよ例のアレ。
 製作元がドラゴンボールだと称する何か。

・良かった所
 90分以下の上映時間だから、日曜洋画劇場でもノーカットで流せるよ!

・悪かった所
 それでも長く感じるくらいつまらなかった件。

・驚いた事
 監督のクレジットが「アラン・スミシー」じゃなかった!

・目を疑った事
 「ウーヴェ・ボル」でもなかった!




 ……宣伝段階で「こりゃ駄目だ」という声が連呼されたこの作品、案の定駄目だったんですが何が性質悪いって「想像している通りに詰まらなかった事」ですかね。
 「思っていたよりも面白かった」にもならなければ「もういっそ笑うしかない」位につまらないレベルでもなく、ただダラダラとつまらない。
 仮にも百億ドル以上の予算を突っ込んだ作品の癖に、俺の頭の中で比較されるのが「スウォーズマン」とかですらなく「ベルリン忠臣蔵」とかそんな感じの勘違い作品なあたりでもう本当に駄目ですね。
 
 脚本がどうこうとか原作へのリスペクトがどうこうとか、そういう問題じゃないんだよね。要は映画として面白い絵作りが出来ているかいないか。見ていて一箇所でも「おお!」と思えるケレン味たっぷりの演出とかしてくれるんなら、別にかめはめ波が蘇生魔法だってサイコクラッシャーだって良かったんだよ。
 ただただ淡々と流れる90分。最後に流れ出すあゆの歌。

 全く、核地雷だと予想した自分を恥じる思いでいっぱいです。
 地雷と呼ぶのもおこがましいゴミでした。
 地雷の誇りはどこへやりやがった! 恥を知れ!ヽ(`Д´)ノ
フリーエリア


リンク
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。