スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダメな女の子たちは好きですか?

【世界でいちばんNGな恋】

main_09.jpg


 先日の話ですが、周りから「これは良い!」と薦められたゲームです。
 そして案の定はまる俺。いやー、面白かった。
 ――18禁なんですけどね(´▽`;)


 シビアで基本切ない設定な筈なのに底抜けに明るいまま駆け抜けられたのは、登場人物がどいつもこいつもダメ人間……といってしまうとアレなんだけど、皆優しさを抱えているからだと思われます。
 運の全てに見放された主人公を見守る視線の温かい事温かい事。コメディと言うのはこうあって欲しいと言う見本でしたね。
 それでて、展開として押さえる所は押さえてるから、テンション保ったまま駆け抜けられる。ちょっと短めかなと思うくらいが、社会人にとってはちょうど良いですわ。

以下、個別にヒロイン雑感


■ 夏夜


 通称二号ちゃん。シナリオ順番で最初に攻略する人。気だるげでテンション低い、ちょっとエッチな女の子と見せかけて、依存症の愛人体質と言うダメな人。
 ……でも、こういう人大好きだわ俺。
 中盤、どん底に打ちひしがれた主人公を引っ張って、ホテルで癒そうとする姿は本当に胸打たれた。
 あとは終盤、主人公の報われない行動の結果を耳にして、職場のトイレで泣きながら叫んだ言葉。
「あたしをこれ以上好きにさせるなぁぁぁ……」
 ――なんか、すげーキました。

 男にとってのある意味で究極の女神像。ただし、足元には奈落が口を開けてますが。自分の弱い所を受け止めてくれる女の人に、男と言うのは弱い物ですよねヽ(´▽`)ノ
 幸せに「する」のも喜ばせるのも一番楽な相手だけど、でも「一緒に」幸せに「なる」のが一番難しい相手かもしれません。

 ただ、彼女の難点(?)は、あのダメ人間の巣窟だと常識人よりだという事。他の人のシナリオで、火に油注ぎながらもしっかり消化器抱えてる姿が似合っちゃうんだよね。だから、自分で中心にくるよりは誰かを中心にしている時の方が光っちゃう。そんな所も愛人体質かっ!

 でも四人の中で一番お気に入り。夏夜さんかわいいよ夏夜さん 。




■ 姫緒

 通称姫様。ツンデレ担当と見せかけてへっぽこ担当、どこまでもお人よしで素直な子。いろんな意味でお子様で、でも、だからこそ与えられる栄養次第でまっすぐ太陽に向かって伸びていける子。
 ……その栄養があの主人公ってのがいいんだか悪いんだか。ただ、お互いかけている部分を差補い合える関係かもしれませんね 。
 多分、彼女とのルートだと一番主人公が輝けます。与えられた状況が大きければ大きいほど力を発揮する二人なので、時折脱線しながらも、たぶん上へ上へと上り詰めていくのでしょう。

 ただ、彼女もどちらかといえば脇の方が輝くんだよねえ。夏夜さんとの二人そろった負け犬モードの時のノリノリさかげんは異常。見ていて楽しすぎる



■ 麻実


 通称先生。そして○○○。
 シナリオ書いた丸戸さんの愛を一身に受けてるとしか思えない正ヒロイン。え、違うの?

 本編後主人公が一番、安心できるルート。不器用に寄りかかりながら、でもお互い大事な思いをはぐくんでいける最高の相手だと思います。
 他の三人見回してみても、やっぱり彼女のシナリオの完成度が図抜けてると思いますたね。主人公との過去の関係や、それを解きほぐして行く過程が凄く丁寧だった。そいでもって修羅場のストレスさ加減も(笑
 やってる事は相当にダメなんだけど、でも押さえる所は押さえてるから、ダメな女で良い女。その二面性がきっちり描かれてるなぁ、と。終盤、啖呵切るシーンがあまりにも格好よすぎ。 いいなあ、こういう女の人。教育者としては本当にダメだけどっ!
 


■ 美都子


 通称トコ。あんまりにも過酷な状況に叩き落されてるのに、頑張り続けるけなげな子。
 ……なんだけど、やっぱりダメな女の子。
 中盤、たがが外れた後の脇目も降らない猪突猛進振りがマジスゲー。ある意味この年代特有のパワーなのかもしれないけど、思い込んだら命がけを自で入ってる。
 そういう子は嫌いじゃない。嫌いじゃないんだけど。

 ……でも、流石に三十路手前と○学生と言う組み合わせはダメダロ人として(;´Д`)

 俺に炉属性が欠如しているせいで、どうしてもその部分が引っかかって入り込めませんでした。他のシナリオでかわいらしくもやきもちやいてたり修羅場ってたりするシーンは楽しめたんだけど、本人が中心に来てしまうとしんどかった。彼女の年齢云々というよりは、主人公と俺の年齢が近いのが原因だったのかもしれない。

 後は、これは賛否両論だと思うんだけど。トゥルーエンドの展開(母親の帰還)の部分が俺にはしっくり着ませんでした。いや母親のキャラが受け入れられなかったんですよね。多分作中で一番ダメな人で、そのダメさ加減が他の人と違ってネガティブな印象になってしまったからだと思うんですが。
 トコが、ちょっとダメな方向にだけど頑張って、頑張って、そしてあの流れに持ってかれるとちょっと可哀想でなぁ。





 ともあれ、値段分以上に楽しませていただいた物語でした。
 このジャンルに拒否反応のない大人の人には、胸をはってお勧めさせていただきます。
 ……つーかうちのHP来てる人は皆一度はこの手のゲームプレイした事あるんじゃないかと思わなくもないですが(笑
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア


リンク
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。