スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

篤姫と主従の絆とメイド娘

家族はハマって見てて、俺も飛び飛びで見てたりする「篤姫」なんですが、やっぱり掴みやすいキャラクター造形が成功の秘訣なのかなぁ、とかふと。
 そんな中で割とお気に入りだったのが前半部分の教育係だった幾島と後半の大奥筆頭年寄で腹心だった滝山ですた。
 年の差があったり立場の違いがあったりといろいろ差異もあるわけですが、総じて二人とも篤姫との距離感がよかった。全幅の信頼を受けていて、それでいて臣下の立場をちゃんと弁えているというか。先週の篤姫と滝山の別離のシーンはちょっとぐっと来ました。

 昔誰かに指摘されたような気もするんだけど、俺は割とお姫様(お嬢様)スキーなので、芯の通った誇りを持ったそういう女性と、彼女を支える同性の友人であり、臣下という存在はかなりぐっと来ます。まあお姫様も高飛車とかただプライド高いとかじゃなくて、穏やかでありながら折れない心と言いましょうか、いろいろハードルは高いですが。
 てな事をぐだぐだ考えていたら、確か昔もそんな事を考えてここじゃない場所で日記にしたことがあったようなと思ってちょっと漁ってみた。


 ……銀河英雄伝説の登場人物性別反転でした。


 と、ともあれ、そこに必要なのは百合的要素ではなくね? 
 いやあっても良いんだけど何というか、二人の間に流れるそういう空気が感じられるのがとても良いんですよねえ。
 でも自分でふらふら書いておいてなんだけど不器用かつ忠義深いメルカッツ婦人と、そんな彼女に忠実に使えるメイド娘のシュナイ子たんはかなり萌えるんじゃないかと思った。


■web拍手のお返事です

・カレンSSいくつか読みましたけど……カレンが大好きなんだって事は分かりましたが士郎が妙におかしい。何故かわからないままに一足飛びにカレンと出来てしまっている印象が強い。コメディはもちろん、シリアスも
 耳に痛いお言葉です。もともと好みのキャラが出来ると入れ込む性格ではあるのですが、歯止めが聞かなくなる傾向が強すぎるのかもしれません。
 今回冬コミ用に本を作った事をひとつの区切りに、二次創作という物に関してまた少し考えてみる必要がありそうです。ありがとうございました。

・月姫のSSを読ませてもらいましたがあまりの完成度の高さに原作を見ているかのような錯覚を覚えました。続きみ期待しているんで頑張ってください!!
 そういっていただけてとても嬉しいです。ただ、ちょっと続きをすぐにお約束できるかどうかは……モチベーションとか、仕事の問題もありますので(;´Д`)
 でもやっぱり褒められると嬉しいですね。ありがとうございます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア


リンク
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。