スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喰霊-零-

喰霊

 何かアニメを久々に一気見。ギアスの一期以来じゃねーかな?
 そんな訳で見終わりました。

 やー、良かった。
 作画も安定していたし、1クールという限られた時間で原作付きの作品の「前日譚」を描くというのは成功してたんじゃないかな。
 一話の衝撃的過ぎるつくりが何かと話題だったらしいけど、全体通してみるとアレは必要な演出で、引きとしては完璧だったと思う。仮に三話の時点から時系列順に組み立てられてたら、多分いたたまれなくてギブしてた気がするし。

 黄泉と神楽の百合で姉妹な関係が必要以上にネタにされてるけど、ちゃんとそれに至る心境(互いに「本当」の家族が欲しかった)というのが伝わってきたと思うし、良かったんじゃねーかな?
 それがゆえに、黄泉とその周りの歯車が狂ってしまった7話以降の展開は重かった。ええずっしりきました。
 ただまあ、ポッキーは色々やりすぎw 膝自重しろ(ノ∀`)

 なんにせよ、非常に楽しめた作品でありました。
 ……夏、これで書くかも。割と本気で。


■web拍手のお返事です

・ 冬コミお疲れ様でした。ねこカレンssを見かけてから密かにファンでしたので、今回の新刊は「遂にきた!」と一人喜んでいました。ホロウ後のカレン(四日間ループの外にいる本物のカレン?)と士郎の絡みは公式でも殆ど情報が無いためか二次創作も少なく、この二人が好きなのでずっとモヤモヤしていました。新刊を通して読んでみて、後半の展開に思わず涙が出ました。二人の在り方がしっくりとしていて、読破後の余韻が堪らなかったです!
 おおおお、お買い上げくださりありがとうございます!
 後日談世界も好きなんですが、やはりサカヅキが壊れて、戻った日常で彼らがどうなったのか。その辺が気になったんですよね。
 士郎とカレンの関係は、ほとんど情報がない中でしたが、個人的には相性がいいと思ってます。SM的な意味で(違
 重いばかり溢れそうなくらい詰め込んだ本でしたが、楽しんでいただけたのは本当に嬉しいですよ。


・「こひつじとあくまのワルツ」、楽しく読ませていただきました。こう言う題材は続きが気になってしまうので、一気に読んでしまいました。はっはっはー、眠い。でも凄く面白かったです。
 ありがとうございます! 睡眠時間削るほどに楽しんでいただけるなんて、本当物書き冥利に尽きますよ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア


リンク
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。