スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

りゅうたま見てきたよ!

 鯖の関係で諸事情ありまして、ここ数日「硝子の月」に繋がらなかった様子です('A`)
 着てくださった方本当に申し訳ありませんでした。

 んで、これもいい機会だと現在引越しを検討しております。
 その際にはTOPにも告知いたしますので、来てくださった方を路頭に迷わせるようなことにはならない……と思います。ならないんじゃないかな!




 さて、昨日なんですがちょいと見てまいりましたよ例のアレ。
 製作元がドラゴンボールだと称する何か。

・良かった所
 90分以下の上映時間だから、日曜洋画劇場でもノーカットで流せるよ!

・悪かった所
 それでも長く感じるくらいつまらなかった件。

・驚いた事
 監督のクレジットが「アラン・スミシー」じゃなかった!

・目を疑った事
 「ウーヴェ・ボル」でもなかった!




 ……宣伝段階で「こりゃ駄目だ」という声が連呼されたこの作品、案の定駄目だったんですが何が性質悪いって「想像している通りに詰まらなかった事」ですかね。
 「思っていたよりも面白かった」にもならなければ「もういっそ笑うしかない」位につまらないレベルでもなく、ただダラダラとつまらない。
 仮にも百億ドル以上の予算を突っ込んだ作品の癖に、俺の頭の中で比較されるのが「スウォーズマン」とかですらなく「ベルリン忠臣蔵」とかそんな感じの勘違い作品なあたりでもう本当に駄目ですね。
 
 脚本がどうこうとか原作へのリスペクトがどうこうとか、そういう問題じゃないんだよね。要は映画として面白い絵作りが出来ているかいないか。見ていて一箇所でも「おお!」と思えるケレン味たっぷりの演出とかしてくれるんなら、別にかめはめ波が蘇生魔法だってサイコクラッシャーだって良かったんだよ。
 ただただ淡々と流れる90分。最後に流れ出すあゆの歌。

 全く、核地雷だと予想した自分を恥じる思いでいっぱいです。
 地雷と呼ぶのもおこがましいゴミでした。
 地雷の誇りはどこへやりやがった! 恥を知れ!ヽ(`Д´)ノ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア


リンク
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。