スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年映画館で観た映画(~3/31まで)

備忘録的に今年映画館で観た映画を簡単な感想とともに。

■大脱出

 スタローンが敵に虐げられるプロフェッショナルを体を張って熱演し、シュワルツェネッガーが不敵で強い男をらしくふるまう。前世紀にはありえなかったこの二人の本当の意味での共演をスクリーンで見られる。その喜びを噛みしめられる程に俺もオッサンになったんだなぁとどこか感慨深くなりました。
 意図してかしらずか、どう考えてもBLモード全開なんだよねぇ。特定層に媚びてるとか嫌な意味でなくてね。
 かつて犬猿の中だった二人が、年月とともに互いを認めて歩み寄るとか王道じゃないですか。

 あとは普通なら敵役になりそうなイスラム囚人派閥のリーダーのキャラが美味しかったなぁ。



■エンダーのゲーム

 作品そのものよりも、「その後」が少し気になる物語でありました。途中の訓練シーンとかノリノリで良かったけどね。割と露骨に出てるイデオロギーが受け入れられるかられないかでまた作品評価変わりそう。俺はいまいち。


■RUSH プライドと友情

 今年観た中ではピカ1。
 実在のF1レーサー二人の戦いが、おもに一つのシーズンを中心に描かれている映画です。でも重要なのはレースそのものの描写ではなくてそこで浮かび上がってくるのが二人の生き様なのだという事。どちらが正しくて、どちらが間違っているわけでもない。主人公でも敵役でもない。文字通り男同士の意地と力のぶつけ合いがスピーディに、熱く描かれているのが素晴らしかったですわ。


■キック・アス ジャスティスフォーエバー

 ヒーローに憧れるオタク少年が、様々な出会いや痛みとともに己のその信念その一本だけを昇華させて本当に一人のヒーローに「変身」する――前作の「キック・アス」がそういう逆境這い上がり物をベースにグロや下品なネタをまぜこぜにハイスピードで突っ走った快作だったわけですが、続編である今回はそういういい部分はちょっとパワーダウンしてた印象。というか主人公もうどう見ても負け組ギーグじゃねぇし! むしろリア充だし!
 そんな中、今回目立ったのはキックアス達に立ちはだかるヴィラン連合でしたね。特にレッドミスト転じたマザーファッカーのボンクラぶりと、最強の女戦士マザー・ロシアの問答無用の最強ぶりが大体全部持ってった印象。あとゲロゲリ棒。
 仕事とはいえ、あれを喰らったクイーン・ビー役の女優とその取り巻きたちには同情しますわ……


■ホビット 竜に奪われた王国

 あいかわらずレゴラスがオーク殺すマンぶりを発揮しておりました。面白かった。
 ……いやまあ、これは三部作全部完結してから纏めて評価するのが筋じゃねーかな、的な。


■劇場版「THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ」

 オールキャラ総出演映画として、見せるべき所を徹底的に強化して魅せる事に専念した作りでしたね。俺自身はアイマスはほぼ門外漢と言っても良い程度の知識の人間なんだけど、それでも出てくるキャラ達の認識混乱せずに最後まで見れましたから。
 ただ、そうした作りのある意味しわ寄せだったのか、「綺麗な落とし所」と言うのに持っていくために少し話の骨子としては弱くなってしまったかも。もっとも、ファンの人の感想でその辺はTV版でこってり描かれていたそうなのでそれはそれでいいのかもしれない。
 とりあえず小鳥さん可愛かった。


■ロボコップ

 意地悪く、それでいてユーモアもばっちり練り込まれた脚本とグロ描写てんこ盛りのオリジナル版の切れ味に比べると、土台から不利な戦いを強いられていたのは否めませぬ。でも、想像よりはすごく良く出来たリメイクでしたね。
 事前情報ではぶーぶー文句言われてた新ロボコップのデザイン、実際動いているのを見るとすげーカッコ良かったし。あとは最初から今回は記憶が残っているというのも、ちゃんと生かした切り口で描かれていたと思いますわ。
 ただ、それに比して敵側の印象が今回弱すぎたのがなぁ。オリジナルのクラレンス一味とまでは言わんけど、もう少しアクの強い敵キャラが最後まで憎々しく立ちはだかっていれば、もっと面白くなっていたと思う。
 総じて「惜しいなぁ……」という感想が口をつく出来なんだけど、でも決して駄目な作品ではなかったですよ。


■ローン・サバイバー

 米軍のアフガン治安維持活動時に実際にあった事件であり、海軍特殊部隊「SEALS」史上最悪の惨事となった「レッド・ウィング」作戦の顛末を描いた物語、だそうです。
 残念ながらその辺の知識全く無く見に行ったのですが、とにかく「痛み」がダイレクトに伝わってくる演出に終始緊張を強いられる作品でしたね。それはフィジカルな部分の痛みだけではなく、仲間の喪失という意味の補いようのない欠損に対する痛みがこれでもかと描かれているのです。
 映画の冒頭に描かれる「SEALS」入隊訓練はもうはっきり言ってリンチのようなマジキチなシゴキなんですよ。で、それに耐えられるような人間じゃないと実際にSEALSでは生きていけないわけで。それを潜り抜けた人間たちは、もう血より濃い何かで結ばれた兄弟そのものなんですね。
 だからこそ、どれだけ自分の体が傷ついても仲間は助けようとするし、仲間のために己の命も顧みず、通信を確保するために敵の銃弾に己の体を晒す。そんな兄弟たちの命を背負った男が、一人どうやって生き伸びたのか。
 ここがなー……いや、分かるんですよ。分かるし、最後にその理由を説明されて「なるほど」とも思うんだけど、だけど最初の柱に比べて、こっちの話の柱の大きさがアンバランスになってるのは否めなかったかなぁ。
 見る価値のある作品だとは思いますが、賛否両論にもなりそうですわな。

スポンサーサイト

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
フリーエリア


リンク
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。