スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C80当選いたしました&出す物の予定。

 気づいたら3ヶ月経ってた……(´д`、)

 恒例の、というかそういう時期になりましたが、今年の夏コミ無事当選いたしました。

 日曜日 東地区“チ”ブロック-24a  でございます。

 今回も化物語本を出す予定。
 多分暦&ひたぎ&羽川メイン本になると思います。
 以下、本の内容の抜粋的な。




「改まっていう事じゃないだろ、そんなの。お前のピンチに、僕は何があったって駆けつける。お前が困っているんなら、僕は何でもして助けてみせる。グレー羽川とかブルー羽川とかシルバー羽川とか、誰だって良いさ。そんなのがまた悪さしてるようなら、僕が頑張って全力で止めてやるよ」
 柔らかく滑らかな翼の髪の感触に少しだけ心を奪われそうになりながら、暦は思い浮かんだ事を躊躇いなく口にした。それが出来る数少ない相手が、目の前の少女だった。
 暦の指の感触が心地良かったのだろうか。あるいはその言葉そのものに心を撫でられたのか。羽川もまた目を細めて、気持ち良さそうに呟いた。
「あー、うん……困ったなぁ」
「何がだよ?」
「阿良々木君ならそう言ってくれると思ってたから。それが分かってて、それに甘えてしまうのも分かってて、そしてやっぱり甘えちゃってるなぁって」
「何だよ。遠慮するなよ。僕と羽川の仲なんだから当然だろう?」
「本当、それで阿良々木くんの彼女の位置に私がいないのが悔しいなぁ」
 言葉とは裏腹に、満足そうに翼は言うと、そっと頭を撫でる暦の手に自分の手を重ねた。もうこれ以上は食べ過ぎになってしまう。そんな彼女のお願いに答えて、暦は自分の手を戻した。
「やっぱり半年振りに会ってみて、何ていうのかな。阿良々木くん、少しは厚くなったなって思うよ」
「何だそりゃ。まあ、褒められてるって思っていいのか?」
 翼の言葉に、暦は苦笑する。
「前が薄すぎたんだと思うけどねぇ。もっとも、それは私もあんまり人の事言えないんだけど。でも阿良々木くん、その事でずいぶん迷惑かけたじゃない? 戦場ヶ原さんとか戦場ヶ原さんとか戦場ヶ原さんとか忍ちゃんとか」
「いやそこで忍の名前まで出てくるのはよく分からないんだけどな。まあ、ガハラさんにあんまり心配させないようにはしようと心がけてはいるぞ」
「「迷惑かけないようにしよう」って言わなくなったのが、一歩前進かな。隠し事、沢山してた筈だものね」
「迷惑は主に僕の方が掛けられてる気がするんだけどな。ホチキスやらカッターやらあんまり持ち出さなくなったのは胸を撫で下ろしてるけど」
「あはは。その辺はまあ、私も友達として協力した甲斐を感じるかな」
 翼はそう言ってテーブルにグラスを戻すと、腕をテーブルに突いて暦に向かって顔を寄せた。
「それじゃ半年振りの再会を祝して、やっぱり一緒に浮気しようか?」
 ぶーっ!?
 盛大な音を立てて、暦は口にしていたアイスコーヒーを吹き出した。反射的に横を向いたのは、親友への気遣いの深さゆえだっただろうか。
「ちょ、阿良々木くんってば汚いよ」
「いやいやいやいや。そこじゃないだろ! そうじゃないだろ! 何言い出してるんだよ羽川!」
「えー。だって久しぶりの再開を遂げた想い合う男女って、大体ベッドの中で温もりを確かめ合うのが物語の定番でしょう?」
「想い合うの意味が大分違うだろ!?」
「あーあ。阿良々木くんは実は私の事嫌いなんだ?」
「……その聞き方は卑怯じゃないですか羽川さんや?」
 おしぼりで口元やテーブルの上に飛び散ったコーヒーのしずくを拭いながら、暦は深い溜息をつく。
「そう言ってもらえるのはとっても嬉しいし、僕も羽川の事は大好きだけどな。だからこそお前と浮気はしません」
「したくないんだ?」
「死にたくないんだ」
 口元を引きつらせて、暦は言う。その視線は羽川の頭の少し上に向けられてる。
「あらら。いつの間に」
「阿良々木くんに頭を撫でられている辺りからこっそりと外で覗いていたわ。この男は当然のように気付いてなかったけど」
 あなたはどうせ気付いていたんでしょう?
 そう言いたげな表情で、ボブヘアーの美しい少女が、翼の背後に仁王立ちで見下ろしている。切れ長の目がすっと細められ、少女の手が翼に向かって伸ばされる。
「駄目よ、羽川さん。阿良々木くんと浮気するだなんて絶対に許さないわ」
 底冷えのしそうなほど平坦な声で少女は呟くと、苦笑いを浮かべた翼の首元に、緩くその両腕を絡める。
「羽川さんは私と浮気するんだから」
 少女の声も表情も一変する。喉を鳴らしながらすりよる猫のように、少女は満足そうに翼を後ろから抱きしめて頬をすり寄せた。
「いやいや、そこは少し自重しておこうよ戦場ヶ原さん」
「ふふん? 久しぶりの羽川さんの匂いと感触なのだから、しっかり堪能させなさい」
「んー、私も少し困るけど、その、阿良々木くんが何だかとても寂しそうな顔をしてるよ?」
「……いやいい、羽川。ガハラさんがその、アレなのはもうよく分かってるから」
 溜息をつきながら少女――戦場ヶ原ひたぎの愛称を口にする暦は、目の前の少しばかり目に毒な少女たちの睦み合いに、どこか安堵に似た物を感じていた。
 彼がひたぎと付き合い始めてから一年と半年ほど経っている。付き合い始める前の彼女は、他者へはもちろん自分自身へも鋭く研ぎ過ぎた針を突きたて傷つけてしまうような危うさを抱えていた。針の剥き先が暦だけになり、そしてその先端が丸められ、突付く程度にまで落ち着きを見せたのは、暦はもちろん羽川翼の影響力もとても大きいものだった。
 戦場ヶ原ひたぎは、大切な彼女である。
 羽川翼は、大切な親友である。
 二人とも、阿良々木暦にとってかけがえのない相手である以上、その二人同士も仲が良いに越した事はない。
「あら、羽川さん……また少し大きくなった? 片手どころか両手でも余りそうよ、これ」
「ちょ、はぅ、せ、戦場ヶ原さん! それはNG! NG! ここは真昼間の喫茶店なんだから!」
 仲が良いだけで済むのか、時折心配になる事もなくはない暦であったが。
「落ち着けガハラさん。流石にそれは僕もドン引くから……」
「何よ。ホモが嫌いな女の子はいないんだから、百合が嫌いな男だっていないでしょう?」
「否定はしきれないが流石に場所と場合と僕の目を考えてくださいお願いします」
 ちくちくと、店員の目が暦の背中に突き刺さる。
 あまり利用した事がない店だったが、もうこの先使う事は出来なくなってしまったかもしれない。
「そんな事言って、阿良々木くんが誰か別の男の子と私たちの目の前でいちゃいちゃしだしたら戦場ヶ原さんはどうするの?」
「見て録画して神原と鑑賞会して三回は楽しむわ」
「なにおぞましい想像してやがるんだお前は!」
「まあ、この男に男の友達が出来るなんて都市伝説でしょうけど」
「阿良々木くん……大学でもまだ友達出来ないんだ……?」
「僕はそろそろ素で泣いて良いか?」
 本当に、仲が良くなったものだ。
 テーブルに突っ伏した暦は、割と本気で熱くなって来た目頭を押さえて呻いた。




 こんな感じでがりがり書いております。
 まあ本当にこのまま出るのか、予定は未定でありますが――

今年の夏コミも

 恒例行事という言い方もあれですが、今年の夏コミも申し込みいたしました。
 ジャンルは三日目の男性向け(アニメ)で、前回と同じく化物語。
 ……ってか化物語は実は二日目のラノベなんじゃないかとも思ったりしたけれどまあそれはそれという事で。

c80サークルカット

 「Carrot's berry」の名城さんにまた描いて頂きましたです。どうしよう羽川もガハラさんも本当に可愛い! 撫でくり回したい!
 そういうわけでカットの通り化物語本と、後は一昨年の夏に出したオリジナル18禁小説「あざーサイト:マイしすたー」の続編を計画しております。

 ……まあ、まずは受かってもらわない事にはどうにもならないんですが。受かれ―受かれ―!

冬コミの件

 相変わらずの間隔の空きぶりというか、イベント前くらいしか最近更新出来てない事に反省しきりです。
 ともあれコミックマーケット79にも無事に当選いたしました。

12月31日(金) 東1地区  K-60A 「硝子の月」

 
c79_top_mini.jpg

 「硝子の月」7冊目の新刊は、今回も化物語本となりました。しかも18禁でございます。
 表紙の三人があんな事になったりこんな事になったりします。
 当日、会場で皆様とお会いできるのを楽しみにしておりますですよ!
 
 

夏コミお疲れ様でした

 数ヶ月ぶりの更新がイベントの事後報告というのもあれなんですが、無事帰還しましたので書いてみる。

■ 1日目


 八時半頃に高速バスで一路新宿へ。今回は隣に人がいて残念無念。っても半分くらいは寝てたのであんまり関係なかった気もする。残り半分?  P3Pでハイレグアーマーハム子がタルタロス登ってました。冬頃にはクリア出来るんじゃないかな?

 12時ちょい過ぎにで新宿到着。この日の予定は五十六とうけけさんと映画を見るというもの。場所は新宿で15:00待ち合わせ。俺の宿は神田。手には荷物がいっぱいいっぱい。
 ええとりあえず神田に行ってホテルに荷物放り込んだ後、昼飯食って秋葉のメロン軽く覗いて買い物。そのまま新宿に戻ってハンズでPOP用の買い物をして、ちゃんと十分前に待ち合わせ場所に到着しましたお。
 ところで「うけけ」と打って変換すると「受け気」が一番目に来る俺のパソコンは本当にどうにかした方がいいんじゃなかろうか(;´Д`)

 見た映画は「インセプション」。刑事プリオと謙さんのあの映画。
 ――すっげえ面白かった。
 他人の夢の中に忍び込んでアイデアを盗み出すと言うアイデアに、「より重大な秘密は深層心理の中にある→夢の中で、さらに夢の中に潜り込む」という多重構造を組み上げつつ、映像的にも陳腐にさせずに2時間半駆け抜けるというのは本当に凄い。最後の最後、あのシーンの瞬間の衝撃と緊張は忘れられませぬ。
 少し前に見た「告白」ともども、パワーのあるいい映画を見た後の充実感は本当に素晴らしい。
 間違いなく近いうちにもう一回見に行くね! 

 夜はちーとろま、けーさんと監督と合流して駄目な飲み会。語った内容はろくに覚えてないんだけどモツ美味かった。仕事の愚痴とか色々言い会うアラサーッぽい部分もありつつも、これだけいて楽しい空間というのは本当に得難いものだと思いますわ。二件目のバーも良かった。後とりあえず冬に向けてシュガフリ本の原稿頑張る。


 そして宿に帰ってそのままバタンと相成りました。


・この日の中日。マエケン粉砕して広島に5-1で勝ってた。ひゃっほう!




■ 二日目


 二日酔いの頭痛で一度夜中に目が覚めた。
 ……っかしいな。そんなに飲んだ記憶がと思い返すも、多分二件目で許容量オーバーしてた模様。だって仕方ないんだ! ジントニックが美味かったんだもの!
 ともあれ午前中は全く予定を入れていなかったので、ホテルの中でうだうだしながらマリナーズvsインディアンス見てた。すさまじい譲り合い精神発揮したしょっぱい試合だったのは秘密。
 右近さんから「あかぎれ新刊買えた感謝しろ!」と言うメールに本気で感謝しつつ、昼ごろにホテルを出て、阿鼻叫喚の二日目が行われているビックサイトへ。
 いや別に個人的な買い物は無かったんだけど、三日目の売り子をお願いした右近さんにチケットを渡しに行かなければならなかったのですよ。後は、この日にうちの本の委託をお願いしたうけけさんの本を、今度はうちが委託されるのでその受け取りに。
 道中のゆりかもめの中から見える、歩道や橋の中央分離帯にシート引いて陣取る人々の姿に首を傾げるも、花火大会だというアナウンスに納得する。まあこれが後の地獄の前振りだったんですがー。
 ビックサイトについた時には既に入場制限が解けてたんですが、中に入って東館の通路の中ほどに未だに溜まっている人々の波に軽く絶望する。東方は今年もか……!
 それでもうけけさんのスペースは反対側だったので、大分快適にたどり着く事が出来ました。と言うか本気で快適。ぶっちゃけ五月のティアの時くらいのすんなりモード。ここは本当にコミケなのかと驚きつつ、委託した冬の化物語本が全部売れたと聞いて二度びっくり。なのはスペースで売っていたと言うのを差し引いても、かなり売れなくて冬は凹んでいたのに……!
 ともあれ、うけけさんのスペースで英気養って、覚悟を決めて東方スペースへ。大分人の波は引けていたらしいんだけどそれでも移動もままならぬほどの人の群れに「これこそがコミケ……!」という感慨を抱いてしまった辺り、俺も相当に訓練された模様です。
 エンダスさんと名城さんに無事にご挨拶した後、会場を離脱。ASHさんと合流するためにアキバへ移動――だったんだけど、りんかい線がカオスでした。コミケからの帰還客と花火大会の客が合わさって酷い事に。というかコミケ客は覚悟決めてただろうけど、あれ花火大会の客は本気で絶望したんじゃないだろうか……
 ともあれ、人波に押しつぶされそうになりながら何とか一度神田まで辿りつき、シャワー&着替え。その時に何気なくつけたテレビで見た物は、中京大中京が早稲田実業に19-1で負けていると言う、外道も本気で引く鬼畜レイプ映像でした。あれは公共の電波で流してはいけないレベルだと思う(´・ω・ `)
 ……まあ、うちの県代表も大会初戦で公開レイプされたんですけどね。

 アキバでASHさんと合流して、次の約束の時間までまったりまったり。メタサガ運営の最近の鬼搾取ぶりに絶望しつつ、「俺たちが好きなのはツンデレなんじゃない、誇り高い女の人なんだ!」という事で熱く語り合ってた気がする。強気でプライド高いのに、さりげない気遣いと科してくるお姫様とか最高だと思うんだ!
 そして池袋へ移動。風原さん、Syunsukeさん、滝沢千円さん、阿羅本さんと合流して飲み……ってなんだこの月姫SSの猛者の集い。
 でも会話に上ってたのは、みさくらなんこつ原画の某ゲームタイトルだった気がする。あの言語感覚には誰も立ち打ち出来ないと敗北感に打ちひしがれました。気になる人は「みさくらなんこつ 信じて送り出した」でググッてみるといいと思うよ。
 後は、俺の頼んだハイボールがどう考えてもレモン入りソーダ水だった件。俺の舌がおかしいのかと思って皆に確認とったけど、店の方がおかしいと言う結論に相成りました呪いあれ。

 まあ翌日が決戦当日だという事もあり、さっくり早めに解散。俺もホテルに戻って準備をして、あっさり就寝と相成りました。


・この日の中日 広島に4-3サヨナラ勝ちひゃっほう!



■ 三日目



 4時間ほどで目が覚める遠足前の小学生状態を体験しつつ、6時ごろにホテルを出て一路ビックサイトへ。
 すでにして膨大な人の波に感慨を覚えつつ、未だ静かな会場内へ入って設営を。ぶっちゃけ早く着きすぎて、売り子お願いした右近さんと五十六がついた頃には全部終わってたんですけどね! 荷物とトイレいけねえな困ったなと思ってた時に顔を出してくださった愚者さんありがとうございました。
 今回、配置が東1のk-30。壁サークル向かいのお誕生日席と言うすげえ所だったんですが、知り合いが皆東4~6配置という素晴らしい島流し状態に吹いたのは秘密。ともあれ挨拶周りは会場前無事に出来たのですが、その中で一番の特筆事項は丸餅さんの生存確認でしたね!
「会う奴皆に「生きてた! 良かった!」と言われるんだけど」とうんざりした様子の丸餅さんはさらに細くなってました。いや本当……転職考えたほうが良いと思う……
 そして始まる祭の最終日。
 ……最初の1時間くらいは、目の前をただ暴風が過ぎ去るかのごとく人が流れて行きました。通路の半分が壁サークルの列形成、そして残り半分をそこを目指す人の流れだったので仕方なかったんだろうけど、俺らのテーブル吹っ飛ばされるんじゃないかとドキドキしましたよ。
 そんな中でも割と足を止めてくれる人が多かったのが驚きで、いつになく本の出も良かったのが二重の驚き。これが地形効果か……!
 前作「ユメモノガタリ」と合わせて買ってくれる人が本当に多くて、昼の一時位には持ちこんだ分が完売するという脅威の結果に。新刊の方の出も今までで一番良かったですわ。

 「新刊下さい」と言って来て下さる人はもちろんなんですが、足を止めて、中を見て、小説本だという事を確認してそれでも買っていってくれた人が沢山いたのが、本当に嬉しかった。嬉しかった反面、仕事やモチベの減少で今回すごく悔しい部分もある作りになってしまったのが申し訳ない思いにも駆られたけれど。
「次も欲しい」と、そう思ってくれる人がいてくれたら、それに答えられる作りになるよう、次回はもっと頑張らんといかんね。
それと「Fateではもう書かないんですか?」と言われた時に、こう、非常に申し訳ない気持ちになったりも。書くとすればカレン以外は無いんだけど、前に出したカレン本が自分の中での集大成的な部分もあるので、多分俺自身が単独でFate本作るって事はもうないと思うんだよねぇ。
 あの本は凄く気に入ってるので色々直して再販掛けたいと思う欲求はあるけれど、絶対売れないんだよなぁ……


 そして三時過ぎに撤収モードに入り、俺と五十六はゆりかもめへ。駅前の列がものすごい勢いで消化されていく光景に、駅員の訓練されぶりを改めて見せつけられた思いでありました。
 その後は秋葉原で今回の本で表紙を書いてくださった名城さんと合流して、打ち上げへ。
 何と言うか俺らの打ち上げ的には普通のノリだったんだけど、あんまりにもあんまりな会話が飛び交う光景にちょっと名城さんに申し訳なく思ったりも。でも後ほど「楽しかった」とイってもらえたのは救われましたわ。
 それはそれとして、デビサバの天音はエロ過ぎるので仕方が無い。仕方が無いのです。

 打ち上げ終了後はさっくりと帰還。どっと出た疲労に押しつぶされ、泥のように眠りにつきましたとさ。


・この日の中日  3-2サヨナラ勝利ヒャッホウ! ってかナゴドだと本当に強いな!



■ 四日目。


 疲 労 困 憊 。
 右足の膝軽くヤバイヤバイ。

 そんなわけで、軽くケーブックスだけ覗いて、さっくり長野へ帰還と相成りました。

 この四日間、俺に付き合ってくださった皆様、本当にありがとうございました。スペースに顔を出してくださった方にはなけなしのコミュスキル全開で頑張った気がするんですが、でも暑さで駄目だったかもしれません。不快に思われた方には本当に申し訳ありませんでした。
 そして残念ながらお会い出来なかった方とは、また冬にお会い出来る事を祈っております。
 何にも出来ない身ではありますが、このお礼はいい文章書いて本を作る事だと割り切って、次のイベントでも頑張ります。
 とはいっても申込締切まで一週間。去年の夏に計画を立てたオリジナルを一冊作るのは確定なのですが、申し込みジャンルをどうしたものか……
 オリジナルで申し込むか、また化で申し込むかはもう少し考えたいと思います。化けで申し込んだ場合はあれやね。忍か今度こそガハラさんで書きたいねぇ。

 ああ、それとホワルバ2本は参加しないぞ。てかPS3持ってねえよ!

落っこちました(;´Д`)

 久々の更新でのっけからネガティブ極まりないですが、冬コミあえなく落選いたしました。
 本来ならこのまま何もせず、と言う状態なのですが、幸いにもASHさんのスペース(12/31 木曜日 西地区 "ち" ブロック 13b 「(仮)」)に委託させてもらうこととなりましたので、新刊を出す事が出来そうです。

 当初はオリジナルの物を考えていましたが、やはりそれは自分のスペースで出したいなと言う思いもあり、今回は同時進行で話が進んでた「化物語」の二次創作本を出すことにいたしました。

 まあ、更新しない間に俺の立場が伯父にクラスチェンジしたり巨人が日本一になりやがって不貞寝したりその他色々あったんですが、その間にひっそりがっつりと「化物語」にはまっていたのであります。
 ……ってもさすがに勢いで原作全部揃えた時には軽くなった財布に目まいがしましたが。ただ、それに見合うリターンは自分の中であったかな、と。

 化物語本

 昨年の冬コミでお知り合いになった【Carrot Garden】の名城さんにこんな素敵な表紙を描いてもらった以上、俺含めて文章担当としてはがんばるしかありませぬ。
 そんなわけで、当日皆様とお会いできる事を楽しみにしておりますヽ(´▽`)ノ

 
フリーエリア


リンク
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。