スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近読んだ物

51G-QMkuza.jpg

■ ほうかご百物語  電撃文庫 峰守ひろかず


 今年の電撃大賞受賞作。
 いわゆる妖怪や怖い話をモチーフにした学園もの……という体裁の、ヒロインの人外娘一点突破作品、らしい。
 らしいんだけど、こう、なんていうか弱い(´・ω・`)

 ヒロインのイタチさんは可愛いけど、肝心の話に起伏がなさ過ぎて、正直しんどいと思う場面も多々ありました。
 もう少し上手い事伏線張っておけば、生かせそうなキャラクターもいただけになぁ。
 しかしこれが大賞となると、他が一体どんなだったのかある意味興味わいてくるわけですが。



ベン・トー

■ ベン・トー 鯖の味噌煮290円  集英社SD文庫 アサウラ

 何も知らない少年が、それまで生きてきた世界と全く違う戦いの場を目にする事で変わっていくと言う物語は古来よりあるわけです。
 厳しさと優しさを兼ね備えた先達や、頼りなくも憎めない友人。個性的な強敵たち。効果的に配置されたキャラたちも、つぼを押さえたものです。
 しかし、その戦いの場が「スーパーの弁当コーナー」で、戦う目的が「半額弁当争奪戦」となると趣ががらりと変わるわけで!

 とにかく発想に負けた。
 無駄に熱すぎる争奪戦の描写に負けた。やってる事は弁当争奪戦なのに!
 王道かつ骨太すぎる成長物のシナリオに負けた。やってる事は弁当(ry

 今年読んだラノベの中で一番面白かったです。マジで。
 だまされたと思って読んでみると、腹抱えて笑いつつ、最後ちょっとグっと来たりするよまじで!ヽ(´▽`)ノ



■ web拍手の返信です

・ワルツ、読ませて頂きました。感想はただ一言。面白かったです。
 ありがとうございます(´▽`) やっぱり、そう言ってもらえるのが何より嬉しいですよ。

・Novel完結おめでとうございます
 頑張ったよー! 次も「おしまい」って書けるように頑張るよ!

・こひつじとあくまのワルツ面白かったです!!
 多謝! 本当にありがとう!

・こひつじとあくまのワルツ エピローグまで読ませて頂きました 終わるのが残念なような気がします。
  エピソード追加希望というかそんな気分です 好みじゃなかった支配者「詩鶴」が面白くなっちゃいまして。また違う物語などで読めたら幸いです 有難う御座いました
 お客さん状態になってしまったベースターズを応援するファンより ちくしょー まだまだこれから

 いつも観想くださる方ですね。毎回励みになってますヽ(´▽`)ノ
 詩鶴に関しては、もうちょっと掘り下げてやればよかったかなと思う反面、そう言ってもらえればまた何か余話見たいな形でも書けるかなとか邪な事を考えてます(笑
 ああいうキャラは今回書いたのが初めてだったので、書いている方としても楽しかったです。
 そしてベイスターズ……何かこう、歯車が一個かみ合えばという感じですが。でもこのまま沈みっぱなしとも思えないのですよ。でも中日戦では容赦しませんから!(笑

・初めまして、黒月です。こひつじとあくまのワルツ読ませて頂きました。斬新な設定が素晴らしかったです。
 こちらこそ初めまして。公大を取り巻くあくまたちのキャラが上手い事かっちり嵌って、最後まで動ききってくれたと思います。次も楽しんでもらえるよう、頑張って書きますね。
 ……といってもしばらくは充電中ですが(^^;

ダメな女の子たちは好きですか?

【世界でいちばんNGな恋】

main_09.jpg


 先日の話ですが、周りから「これは良い!」と薦められたゲームです。
 そして案の定はまる俺。いやー、面白かった。
 ――18禁なんですけどね(´▽`;)


 シビアで基本切ない設定な筈なのに底抜けに明るいまま駆け抜けられたのは、登場人物がどいつもこいつもダメ人間……といってしまうとアレなんだけど、皆優しさを抱えているからだと思われます。
 運の全てに見放された主人公を見守る視線の温かい事温かい事。コメディと言うのはこうあって欲しいと言う見本でしたね。
 それでて、展開として押さえる所は押さえてるから、テンション保ったまま駆け抜けられる。ちょっと短めかなと思うくらいが、社会人にとってはちょうど良いですわ。

以下、個別にヒロイン雑感


■ 夏夜


 通称二号ちゃん。シナリオ順番で最初に攻略する人。気だるげでテンション低い、ちょっとエッチな女の子と見せかけて、依存症の愛人体質と言うダメな人。
 ……でも、こういう人大好きだわ俺。
 中盤、どん底に打ちひしがれた主人公を引っ張って、ホテルで癒そうとする姿は本当に胸打たれた。
 あとは終盤、主人公の報われない行動の結果を耳にして、職場のトイレで泣きながら叫んだ言葉。
「あたしをこれ以上好きにさせるなぁぁぁ……」
 ――なんか、すげーキました。

 男にとってのある意味で究極の女神像。ただし、足元には奈落が口を開けてますが。自分の弱い所を受け止めてくれる女の人に、男と言うのは弱い物ですよねヽ(´▽`)ノ
 幸せに「する」のも喜ばせるのも一番楽な相手だけど、でも「一緒に」幸せに「なる」のが一番難しい相手かもしれません。

 ただ、彼女の難点(?)は、あのダメ人間の巣窟だと常識人よりだという事。他の人のシナリオで、火に油注ぎながらもしっかり消化器抱えてる姿が似合っちゃうんだよね。だから、自分で中心にくるよりは誰かを中心にしている時の方が光っちゃう。そんな所も愛人体質かっ!

 でも四人の中で一番お気に入り。夏夜さんかわいいよ夏夜さん 。




■ 姫緒

 通称姫様。ツンデレ担当と見せかけてへっぽこ担当、どこまでもお人よしで素直な子。いろんな意味でお子様で、でも、だからこそ与えられる栄養次第でまっすぐ太陽に向かって伸びていける子。
 ……その栄養があの主人公ってのがいいんだか悪いんだか。ただ、お互いかけている部分を差補い合える関係かもしれませんね 。
 多分、彼女とのルートだと一番主人公が輝けます。与えられた状況が大きければ大きいほど力を発揮する二人なので、時折脱線しながらも、たぶん上へ上へと上り詰めていくのでしょう。

 ただ、彼女もどちらかといえば脇の方が輝くんだよねえ。夏夜さんとの二人そろった負け犬モードの時のノリノリさかげんは異常。見ていて楽しすぎる



■ 麻実


 通称先生。そして○○○。
 シナリオ書いた丸戸さんの愛を一身に受けてるとしか思えない正ヒロイン。え、違うの?

 本編後主人公が一番、安心できるルート。不器用に寄りかかりながら、でもお互い大事な思いをはぐくんでいける最高の相手だと思います。
 他の三人見回してみても、やっぱり彼女のシナリオの完成度が図抜けてると思いますたね。主人公との過去の関係や、それを解きほぐして行く過程が凄く丁寧だった。そいでもって修羅場のストレスさ加減も(笑
 やってる事は相当にダメなんだけど、でも押さえる所は押さえてるから、ダメな女で良い女。その二面性がきっちり描かれてるなぁ、と。終盤、啖呵切るシーンがあまりにも格好よすぎ。 いいなあ、こういう女の人。教育者としては本当にダメだけどっ!
 


■ 美都子


 通称トコ。あんまりにも過酷な状況に叩き落されてるのに、頑張り続けるけなげな子。
 ……なんだけど、やっぱりダメな女の子。
 中盤、たがが外れた後の脇目も降らない猪突猛進振りがマジスゲー。ある意味この年代特有のパワーなのかもしれないけど、思い込んだら命がけを自で入ってる。
 そういう子は嫌いじゃない。嫌いじゃないんだけど。

 ……でも、流石に三十路手前と○学生と言う組み合わせはダメダロ人として(;´Д`)

 俺に炉属性が欠如しているせいで、どうしてもその部分が引っかかって入り込めませんでした。他のシナリオでかわいらしくもやきもちやいてたり修羅場ってたりするシーンは楽しめたんだけど、本人が中心に来てしまうとしんどかった。彼女の年齢云々というよりは、主人公と俺の年齢が近いのが原因だったのかもしれない。

 後は、これは賛否両論だと思うんだけど。トゥルーエンドの展開(母親の帰還)の部分が俺にはしっくり着ませんでした。いや母親のキャラが受け入れられなかったんですよね。多分作中で一番ダメな人で、そのダメさ加減が他の人と違ってネガティブな印象になってしまったからだと思うんですが。
 トコが、ちょっとダメな方向にだけど頑張って、頑張って、そしてあの流れに持ってかれるとちょっと可哀想でなぁ。





 ともあれ、値段分以上に楽しませていただいた物語でした。
 このジャンルに拒否反応のない大人の人には、胸をはってお勧めさせていただきます。
 ……つーかうちのHP来てる人は皆一度はこの手のゲームプレイした事あるんじゃないかと思わなくもないですが(笑

最近読んだ物

 こまめに時間を作って本を読むようにはしてるんですが、仕事が忙しいと中々量を読めず……こんなんじゃいけないんだけどなぁ。
 ああああ、個人的神作家であらせられる貴志祐介先生の新刊早く買ってこないと。でも上下巻で4000円とか中々に破壊力満点ですぜ先生(;´Д`)

■ 円環少女 7巻(角川スニーカー文庫)

4044267094_1.jpg

 現代(?)日本の影に蠢く異世界の魔法使いたちと、それを管理・粛清する公務員たちが乱れ舞う、血と汗と決意と涙とょぅι゛ょの物語の最新刊。今回は短編集であります。

   ∧∧ // / // // ノヽ// /// / /´ ',   l ∧∧
  < 変 >,、 1。  / ̄`メ、./'ヽ /´ /ノ/ ,-‐‐、',   l< 変 >
  <    > |  |  く  ( 。)  u   ノ'  /-、  l〉V  l< 態 >
  < 態 > il .l1. lヽ ヘ` ===ニ       u 、⊥゚⊥ノ / /<  !! >
  < !!!  >',  ヽ. Vミキ', \\\\\\〉\\\  人ノ /VVV
∧∧VVVヽl ,',   Yミ彡',.  u   _______´___. u   /. l  ノ ノト、
変  >( t、 l ',   !   lヽ  ./,-------ヽ    u l ∧∧ \
   > ヽ  l  ',  ヽ、 l. ヽ H´ ________  }   ij. / < 変 >ミ
態  >iwi v`-l ,|ヽ   r、! uヽ,'/    ' ,d    /い< 態 >、
!!! . >iノ H  l i 1   ',ヘ、  `,\ 、______ノノ u/',l lハ<  !! >ヽ
VVV  .ノノ  l ! .l   ',. `メ、', ` ̄ ̄.  /ヽ  ',   VVVヽ ヽ

 ……いやまさに読みながらこのAAが頭に思い浮かんでしょうがなかったわけですが。
 しりとりで魔法を書けるダメシスターやら少年の脱ぎたての上履きをコレクションするスパイやら、本編でも感じた魔法使いたちの変態さ加減が、この巻では限界突破してやがります。いいぞもっとやれ。
 まあ、いちばんの変態はまごう事無く最後の話のあの人なんですが。

「礼節を知れッ! 服など子どもの着るものだ」
 ……俺もこんな台詞を書けるようになりたいです。



■ web拍手のお返事です。

・ 復活ありがとうございます。ずっと待っていました。
 こんな俺の事を待ってくださって、嬉しいです(つД`)・゚・。

・ がんばって。待ってるよ。
 うぃ、再起動したからには頑張りますよ!

・お帰りなさい。また作品を楽しみに読ませていただきます。
 期待に応えられる作品を書けるよう、頑張ります。

・面白い!早く続きを!!
 一次を読んでくださったのでしょうか。だとすれば、本当に嬉しいですね。ありがとうございます。

・祝復活。続き物がどうなるかは、まあ見守るとしますか。
 プレッシャーを感じる……でも頑張りますよ!

・ リンクのチェック残しておいて良かった・・・。今後の活動を楽しみにしています。再起動おめでとう!
 ありがとうございます。停止してもチェックしてくださっていたのは本当に嬉しい限りです。

・頑張って下さい(^O^)
 うぃ!

・復活ありがとうございます。一読者としてお待ちしておりました。
 お待たせしました。その言葉に応えられるよう、努力します。

・復活おめでとう
 ありがとうございます(´▽`)
フリーエリア


リンク
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。